事務所ブログ

2020年7月31日 金曜日

情報災害

私は、地元の学区で消防団のボランティアをしています。
日頃から防災については、学ぶ機会が多いです。

自然現象に起因する災害を「天災」と呼び、人為的な原因による災害を「人災」と呼びます。
では、新型(武漢)コロナは、何災害なのか?
私は、メディアによる「情報災害」ではないかと感じています。

毎日毎日、繰り返される「感染者数」の報道に何の意味があるのだろう?
そもそも、この「感染者」とは、少なくとも東京都はPCR検査で陽性であれば感染者と呼んでいるらしい。
PCR検査の陽性者と実際の罹患者は違う。多くの感染症のドクターの先生や数学の先生がご自身のブログ等で説明されてみえますが、陽性者のうち実際の罹患者はほんの数%以下らしい。
以前のブログでも書いたがPCR検査は確定診断目的、つまり「的中率」にこそ意味がある。インフルエンザだって、高熱が出て症状が出てはじめて検査→陽性→治療という流れになる。
特に症状の出ていない人への検査は無意味だし、医療崩壊へつながりはしないだろうか。

また、そもそも、ウイルスの毒性と感染の拡がりって反比例ですよね。毒性が強ければ強いほど、感染した人間はすぐに発症して死に至るため、ウイルスは拡がらない。
どんどん拡がっていくウイルスはそれだけ毒性が弱いと考えていいのではないか。
もし、この論理が正しいのであれば、我々が本当に必要な情報は、何人が感染したかではなく、重症化したケースの事例とその分析だ。
感染予防ではなく、重症化予防のための情報こそが必要なのだと思う。

人間は、災害に直面したときの心理として、不安喚起モデルというものがあります。確かに東日本大震災の復旧支援に東北に出向いた際に少し勉強したことを思い出しました。
1.自ら情報を入手し、自らに危害が及ぶのか、危害を避けるためにはどうすればよいかを自ら考える。
2.信頼できる他者に依存する。
3.考えることを停止する。(思考停止)
当然だが、災害に直面した場面では、1の行動をとることが望ましいが、人間は楽な方へ進みたがるため、行政に責任を求めたり2や3へ向かってしまう傾向となるらしい。
防災教育を通じて、普段から天災が起きたときにどうすればよいかを学ぶ機会があることと同様に、「情報(メディア)リテラシー」を普段から意識することが情報災害から自らを守る術なのだと強く思う。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2020年5月12日 火曜日

メディアリテラシー

最前線で戦う医療従事者の方々、本当にありがとうございます。私たちも医療崩壊させないために、できることを徹底し、社会機能の維持のために貢献していきます。

私の憧れの職業は検察官でした。昔、検察官がかっこよく活躍する小説を読んで、なんて素晴らしいお仕事なんだって思ったものです。
さて、この国難であるにも関わらず、低次元な野党は、よくもまあ次から次へくだらない論点を国会に持ち込んでくるな・・と。
日本の国会議員なのに、日本を悪く報道する他の国の新聞の支部?を自社の社内に設置しているような新聞の記事を正しいと考えて政府批判ばかりするのはどうなんでしょう。
「難局を乗り越えるために党を超えて協力しよう!」とか言えないものなんでしょうか。

そこで調べてみました。
そもそもレバノンへ逃亡事件が起きたことへの対応など法務検察サイドの事情を勘案して定年を延長する措置になったものを粛々と進めているだけのようですね。
であるならば、通常の事務手続です。そもそも三権分立と民主主義の基本的立ち位置からは官邸が検察の人事に介入なんてできませんからね。
日本を悪く報道する特定の新聞がこれだけ大騒ぎしているということは、我々国民にとってとっても優秀な方の人事なんでしょう。(笑)
コロナ対策に尽力していただいている中で野党への対応と本当にお疲れ様ですが、政府、検察の方、頑張ってください。国民の多くは真っ当です。応援しています。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2020年5月 1日 金曜日

軽く洗脳されている人が続出!

最前線で戦う医療従事者の方々、本当にありがとうございます。私たちも医療崩壊させないために、できることを徹底し、社会機能の維持のために貢献していきます。

先日、仕事の関係で他の士業の方とお話をする機会がありました。そのときに、「税理士さんは、コロナなんて関係ないですよね。融資の相談とか多いんじゃないですか?コロナバブルですね。」と言われました。
その方とは、先輩後輩の間柄で、ずっと親しくさせていただいていたので、この発言にはかなり驚くと同時に上から目線の発想だなぁととても残念に感じました。私が、コロナに関係する契約外の相談に対応したら報酬を請求していると勘違いしたのでしょうか。甚だ失礼な話です。
私たち税理士は、経営者を下から支える仕事です。経営が苦しくなれば、税理士の顧問料なんて真っ先に切られます。それでも余程のことが無い限り、こちらからは解約せずに無報酬でも何とか乗り越えていただくため、経営者に寄り添うのが税理士なんです。
確かに、コロナの特別融資の相談や持続化給付金、士業としては管轄違いの雇用調整助成金などなど通常の顧問契約外の相談がめちゃくちゃ多いですし、申請書類の書き方が分からないクライアントには手取り足取り記載を手伝ったり、高齢な経営者の方には隣に座って一緒にパソコンで作業します。忙しい日々です。全て無報酬です。コロナ危機の経済の最前線で戦う中小企業の経営者を後方支援するのが税理士の使命です。コロナに便乗して儲けるような志は持ち合わせていません。
 こういった危機のときには内にある人間性が出ます。もし、持続化給付金などの申請を手伝うことで報酬を請求するような税理士がいたら、そんな輩は即刻解約でよいと思います。何も分かっていないです。不安を煽るTVやネットを見て知らず知らずのうちに洗脳されて、自分が生き残るために独占するみたいな気持にミスリードされてしまっている、自分では気がつかないうちに。つまり軽い洗脳だ。自分が生き残るためには独占するではなく分かち合う気持が大切だと思う。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2020年4月 9日 木曜日

感度と特異度と的中率

本日もコロナ関連のお話を書きます。
先日「マスク2枚」のひどい切り取り報道について私見を書きましたが、
本日は、「PCR検査を実施しないのは感染者数を少なく見せたいという意図がある」や「PCR検査に保険適用をせよ」というマスコミの報道は的外れというお話です。
これは、多くの感染症の専門医の先生がブログ等で指摘されてみえますし、数学の先生もYouTubeで解説しながら指摘してもいます。
皆さん、「PCR検査・感度・特異度」というキーワードで検索して、自身で電卓を叩くなどして検証してみてください。
PCR検査の本来の意義は「的中率」にあることを知ることができます。
マスコミが報道する「感染者数」の見方が変わります。
私がここで解説しても、専門外で、間違って説明してもイカンですから、このブログをご覧になられた方は、ご自身で検索して調べてみてくださいね。
「感染者数」と「偽陽性」・「偽陰性」の関係を理解すれば、現時点で、社会的、政策的に意義ある行動は、政府の方針どおり、PCR検査は強く感染が疑われる方に限り行い、軽症の方に労力をかけずに、高齢者や持病がある感染者の方に医療を集中していくことこそが大切という考えにきっとなります。
一致団結が求められている現状で、同じ船の中で揉めるような輩にはなりたくありません。マスコミ報道に条件反射的に流されずに、自身で、正しい情報を得ていくことの大切さを再認識していただけましたら幸いです。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2020年4月 6日 月曜日

みんなで頑張る!

Ask not what your country can do for you; ask what you can do for your country.


 


 


 

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL