事務所ブログ

2021年9月10日 金曜日

求人情報!

業務拡大につき、スタッフ募集いたします。
正社員・パート・アルバイト、それぞれの環境に応じてご相談ください。
ハローワークにも求人票を出しておりますが、こちらでは弊社の特徴をもっと具体的に記載してみました。

不動産や資産税務に強い税理士と法人税務に強い税理士の合わせ技で心を込めた専門サービスを提供することをモットーに、
弊社の理念に掲げる"まごころ"、相手への"思いやり"をもって、明るく、楽しく、和気あいあいと仕事をしています。
少人数だからこそ、仲間同士のコミュニケーションエラーには名古屋で一番配慮した事務所です(自称(笑))。
もちろんパワハラ・セクハラ等は無縁です。
できるだけ働く方の環境に合わせますので、びっくりするくらい自由で柔軟な環境を感じていただけると思いますが、
自由度と社会的責任は比例して重くなると考えておりますので、正社員の方もパート・アルバイトの方も責任感が強く、成長志向で素直な方ほど合うと思います。

募集職種 : 税理士業務補助
*正社員とパート・アルバイトの方と立場に応じて仕事内容は異なります。
*法人税・消費税・所得税・相続税等の申告に関する業務補助。
*会計ソフトを使用した入力業務。
*正社員の方については、クライアント先の税務会計監査及び巡回業務を担当いただく
予定ですが、内勤のみ希望という場合にはその旨ご相談ください。
*Word・Excel操作。
*来客対応。

募集人員 : 若干名
*正社員を希望される方については試用期間3ヶ月(給与等変わらず)あります。
*パート・アルバイトから正社員登用あります。

資格・経験: 日商簿記3級以上
*正社員の方については、普通自動車運転免許は必須。
*税理士試験の簿記論又は財務諸表論を含む1科目以上合格の方は優遇。

雇用形態 : 正社員またはパート・アルバイト

給与・賞与: 月給制の場合 200,000円~
       時給制の場合 1,000円~
*あくまで未経験の方の参考です。経験等を考慮して決定します。

勤務時間 : 9:00~18:00
*お客様都合などやむを得ない場合を除き残業は禁止。(パート・アルバイトの方は残業はありません。)
*パート・アルバイトの方は、上記時間のうち4時間以上/日の勤務をお願いします。
*お子さんの夏休み等は会社に連れて出社していただいても構いません。
 託児スペースがある訳でありませんので、やむを得ないときは構いませんよという意味です。
 代表の娘(小六)も、たまに出社して宿題やっています。
*栄の真ん中に事務所がありますので、お買い物や新しいスキル取得の通学などとっても便利です。
*幹部候補の方については、経済同友会や青年会議所など経営者の集いについても支援します。


休  日 : 完全週休二日制・年末年始・夏季休暇・法定の有給休暇は全て消化してください。
*正社員の方について、相続案件など休日出勤の場合には振替休日にて対応。

そ の 他: 社会保険完備・交通費全額支給・昼食補助((株)MOTHER'S・Iさんの美味しいお弁当です!)あり
       近隣月極駐車場有り(駐車場代は自己負担ですが、自家用車にて通勤可)

応募方法 : 履歴書(写真貼付)及び職務経歴書を送付してください。
       書類選考させていただき、ご連絡致します。

応 募 先: 460-0008名古屋市中区栄5-1-32久屋YSビル
       税理士法人久屋南税務会計事務所 採用担当宛

ご応募待ちしております!

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2021年8月 2日 月曜日

自分軸が大切!

自己中心的な人と自分軸で生きている人の違いって何?

世の中ガー、時代ガー、友達ガー、親ガー、会社ガー、と自分の環境について何かと周りに責任を求める人たちの話を聞くと、たまに「どこまで自己中なのだろう...」とがっかりするときってありませんか??
そこで、自己中な人の傾向について調べてみた。
自己中で生きている人は、自分の「こうしたい!」という欲求を他者に求め、他者をコントロールして自身の欲求を満たそうとする、他者が自分のために何かをしてくれるという認識らしい。つまり、親をコントロールするために泣く赤ん坊と同じなのだそう。
自己中な人は、自分の行動を客観的に見ることが苦手で、例えば、満員電車の中で、お腹が空いて泣きじゃくり親を困らせているという状況を、赤ん坊が自ら察して泣き止むことがないように、自分の行動が周りを困らせているということに気がつかない。また、自分の正義を他者に押しつける傾向もあるらしい。確かに「あなたのことを思って」とか「会社のことを思って」とか、ご本人は良かれと思って話をしているつもりなのだろうが、そもそも自分の考えが相手や会社にとっても正しいという前提なので、聞いている方は白けるというか、的外れな内容の話だなと思うときが多い気がする・・。

一方、自分軸で生きている人は、自分の「こうしたい!」という欲求は、自分が行動することで実現しようとする。自分が見識不足だと思えば勉強するし、間違っていると指摘を受ければ、素直に聞きいれることができる。だから、どんどん成長する。そして、自分軸な人は、自分らしく生きるために、自分が行動することは何なのか?を常に考えているので、なるほど!と思える内容の話が多い。だから、どんどん新しい仕事や仲間に出会い、どんどん世界が広がっていく。
あらためて、自分を見直し、経営者としても、人としても、自分軸な人間でありたい。と思いました。
さあ、私たちの日常を取り戻そう。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2021年3月25日 木曜日

日常を取り戻すために考えよう!

テレビからの情報は全て正しいと認識してしまい、思考停止状態になっていませんか?大丈夫ですか?
報道する自由と報道しない自由を巧みに駆使して、社会を混乱させたいマスコミにミスリードされていませんか?

自分の頭で考えて行動することの大切さ、必要な情報は自分で入手しにいく大切さを再認識する例です。
ネットで、ちゃっちゃと検索してみましょう。例えば、「コロナ 全体主義」で検索してみましょう。

東洋経済より
中島 隆博 先生: 東京大学東洋文化研究所教授
國分 功一郎 先生: 東京大学大学院総合文化研究科准教授
「コロナ禍で急増「自分を監視したい人々」の怖さ」

WEDGEより
筒井清忠 先生:帝京大学文学部長
「コロナ禍でまたぞろ忍び寄る"日本型ポピュリズム"の影」

PRESIDENTより
大和田潔 先生:医師
現役医師「恐怖を煽るテレビを消して、私たちは外に出よう」

アゴラより
藤原かずえ:ブロガー
コロナ禍の日本国を支配する問答無用の全体主義

こんな感じで、記事がどんどん出ます。これらを読むだけでも、
日常を取り戻すために何が必要なのか?
日常を取り戻すために私たちはどう行動すべきなのか?
「思考」することができます。

「考える」ことは、常に意識していないと、脳はすぐ楽をしてしまいますからね。

さあ、私たちの日常を取り戻そう!

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2021年3月19日 金曜日

伝統的な価値観の大切さ

「明るい豊かな社会を創ろう」と志を同じくした経営者の会でいろいろ勉強をさせていただいた。
会の現役当時は、確かに、様々な社会問題の問題提起や問題解決の糸口を探る事業など、世のため人のためと願い、時間もお金も費やし、奉仕してきたつもり、学んだつもりであったが、
新型コロナがきて、何が正解なのか分からないまま、それでも前を向いて進むために、税理士として、経営者として何ができるのか。自問自答を繰り返し、文献を読み、いろいろ思考しつづけた。
その答えを高校生に教えてもらえた気がする。

以下引用はじめ:
「きょう、ここに高校球児の憧れの舞台である甲子園が戻ってきました。この一年、日本や世界中に多くの困難があり、それぞれが大切な多くのものを失いました。答えのない悲しみを受け入れることは、苦しくてつらいことでした。しかし、同時に多くのことを学びました。当たり前だと思う日常は誰かの努力や協力で、成り立っているということです。  
感謝。ありがとうございます。これは出場校全ての選手、全国の高校球児の思いです。  
感動。喜びを分かち合える仲間とともに、甲子園で野球ができることに感動しています。  
希望。失った過去を未来に求めて希望を語り、実現する世の中に。  
そして、この3月で東日本大震災から10年となりました。日本、世界中に多くの協力や支援をいただき、仲間に支えられながら困難を乗り越え、10年前、あの日見た光景から想像できないほど希望の未来に、復興が進んでいます。これからの10年、私たちが新しい日本の力になれるように、歩み続けます。  春は選抜から。穏やかで鮮やかな春、そして、一年となりますように。2年分の甲子園。一投一打に多くの思いを込めてプレーすることを誓います。」
仙台育英野球部主将 島貫丞
以上引用おわり。

「不要不急の外出を自粛する。」なんていう、大人の身勝手な「権力」という名の「正義」をふりかざし、甲子園、インターハイ、卒業式、修学旅行、日々の学校生活にいたるまで、
若者にとって、唯一無二の貴重な経験をするチャンスを奪ってしまい、本当に本当に申し訳ない。

そう、私たち大人は「若者の未来のための社会を創らなければならない。」

そのためには、大人だけの身勝手な新しい価値観に基づく正義感ではなく、

今までどおり、人としての伝統的価値観に基づく正義感によるべきではないだろうか。

今こそ、社会生活の礎となる伝統的価値観、つまりは、「道徳」を、再考し、みんなで再認識しよう。

さあ、明るい豊かな社会のために、私たちの「普通の日常」を取り戻そう。 



以上はすべて私見です。つぶやきです。誰かに向けた意見ではございません。気分を害された方がお見えでしたら、心よりお詫び致します。申し訳ございませんでした。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2021年1月 7日 木曜日

2021年!

あけましておめでとうございます。
新年早々ですが、私、残念な気持ちで一杯です。
行政は、もはや、お馬鹿なマスコミが創り出す世論とやらと戦っているだけで、コロナと戦ってはいないんじゃないかと思うぐらいの右往左往・・・。

夜間の飲食が自粛で、ランチは自粛なしって・・ウイルスは夜行性なのか?
 
外食を自粛で、テイクアウトはOKって、おかげでスーパーやファーストフード店はいつもより一層の行列で密なんですけど・・・

都会の飲食店は自粛で、いなかの飲食店は自粛なしって・・・、ウイルスは都会が好きなのか?

地域のお祭りや文化祭が自粛で、競輪、競馬、パチンコは自粛なしって・・・、

インターハイや甲子園が自粛で、オリンピックはOKって・・・、

満席の観客は自粛で、半分の観客はOKって・・・。

海外からの出入国を自粛するぞ!でも、ビジネス目的の出入国はOKって・・・。

あれも例外、これも例外...ウイルスに例外が通用するのか?

「自粛が必要」って何を目的とした自粛なの?2000人が500人になったら感染防止なの?そもそも感染防止目的のウイルス対策って「1」か「0」じゃないのか? 

「緊急事態」って何を根拠に緊急事態なの?何を根拠に国民の生命を脅かす問題?

ウイルス感染よりも遭遇する可能性の高いであろう交通事故は国民の生命を脅かしてはいないのか?たくさん新車が売れた月には緊急事態宣言を出すのか?

ただ批判しているつもりはなく、また、決して投げやりでもなく、リスクゼロの社会生活なんて無理でしょう。ってことです。

だったら、社会生活は、今までどおり全部「やろうよ!」って話です。

日本の病院は、7割が民間。3割が公的らしいですね。コロナの感染症分類が、エボラと同レベルである以上、このたった3割の公的医療機関が対応の中心にならざるを得ないだろうし、濃厚接触者であっても2週間も社会生活が制限される。無症状であるにも関わらずだ。本当に病で医療が必要な患者より、無症状な患者や濃厚接触者が優先されていいはずはないし、2週間も経済活動ができなければ、下手したら社会的に死ぬぞ。税金で給与をもらっている人種と民間企業の我々と時間の感覚を一緒にするんじゃない。

いろんな専門家の先生が研究発表されていて、なかでも高橋泰先生のグループによれば98%は無症状か風邪っぽい症状で終わるという、たいへん説得力のある分析もある。
医療崩壊って行政の間違った判断が医療崩壊させてるというのが本質だろと。すぐ人命軽視などと感情論で騒ぐマスコミの集中砲火から逃げているのか、最初に分類を決めた偉い人に忖度しているのか知らんけども、医療現場はじめ、いわゆる仕事の現場は24時間365日命がけだ。都合のいいように解釈した正義という権力を振りかざして、現場を混乱させるな。
「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだっ!」(と古い刑事ドラマにあった台詞をそのまま言いたい。。。)

この1年で世論を納得させるだけの分析可能なデータを厚生労働省は持っていると思う。この後に及んで「風邪と同じ」は言えないだろうが、おそらくはエボラのような殺人ウイルスではないだろう。
仕事をしろっ厚生労働省!国民の普通の日常ために、今こそ命がけで仕事をしてくれ公務員!

そもそも、新型だろうが何型だろうが自然界にごまんとあるウイルスの感染者を0人にすることは不可能。天然痘を撲滅した時代と現代は全くの異世界。現代を地球上で生きる我々は自然界のウイルスと共存していくしかない。100年後は、ひょっとしたら地球から宇宙へ引っ越すなんて時代になっているかもしれないけど。

仮に何らかの対策が必要とするならば、社会・文化・経済などへの影響を鑑み、普通の社会生活をしながら、どのレベルの感染者で経済合理性を求めていくかということに帰着するのではないか。でもこの経済合理性のある感染者数なんて考えることって、たまたま知能を持ってしまった人類の自己満足、エゴじゃない?とも思う。
毎日毎日マスコミが報道する感染者数って誰向けの何目的の報道なんだ?マスコミと比較して情報弱者の国民の不安をただただ煽り、失業者や自殺者が増えれば、「なぜ増えたのか?」って馬鹿なの?マスコミの報道の責任だろ。マスコミにこそ偏った報道を自粛するよう強く要請してほしい。

我々人類は、ウイルスと共存するしか選択肢がない以上、通常どおりの生活をすればよいのではないか?インフルエンザが流行する季節には、誰かから指示される訳ではなく、自分で考えて、いつもよりも手洗い・うがいに気をつけていたし、風邪気味かなと自覚すれば、自分で考えて、自分の体調に合わせてマスクをして仕事をすればよいし、自分の判断で、無理せず家で休めばよい、すべては己が自然に考えて行動していた。そう、自然の摂理に従って行動するのが地球という自然と地球上の生物(ウイルスも含む)との共存だと考える。

以上はすべて私見です。つぶやきです。誰かに向けた意見ではございません。ご気分を悪くされた方がお見えでしたら、心よりお詫び致します。申し訳ございませんでした。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL