事務所ブログ

2020年4月 9日 木曜日

感度と特異度と的中率

本日もコロナ関連のお話を書きます。
先日「マスク2枚」のひどい切り取り報道について私見を書きましたが、
本日は、「PCR検査を実施しないのは感染者数を少なく見せたいという意図がある」や「PCR検査に保険適用をせよ」というマスコミの報道は的外れというお話です。
これは、多くの感染症の専門医の先生がブログ等で指摘されてみえますし、数学の先生もYouTubeで解説しながら指摘してもいます。
皆さん、「PCR検査・感度・特異度」というキーワードで検索して、自身で電卓を叩くなどして検証してみてください。
PCR検査の本来の意義は「的中率」にあることを知ることができます。
マスコミが報道する「感染者数」の見方が変わります。
私がここで解説しても、専門外で、間違って説明してもイカンですから、このブログをご覧になられた方は、ご自身で検索して調べてみてくださいね。
「感染者数」と「偽陽性」・「偽陰性」の関係を理解すれば、現時点で、社会的、政策的に意義ある行動は、政府の方針どおり、PCR検査は強く感染が疑われる方に限り行い、軽症の方に労力をかけずに、高齢者や持病がある感染者の方に医療を集中していくことこそが大切という考えにきっとなります。
一致団結が求められている現状で、同じ船の中で揉めるような輩にはなりたくありません。マスコミ報道に条件反射的に流されずに、自身で、正しい情報を得ていくことの大切さを再認識していただけましたら幸いです。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2020年4月 6日 月曜日

みんなで頑張る!

Ask not what your country can do for you; ask what you can do for your country.


 


 


 

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2020年4月 3日 金曜日

正しい情報は、自分で収集する。

「マスク2枚」
これについての切り取り報道はひどいものだと思う。
政府のコロナ対策本部の議論を踏まえて、総理が述べた全文はコチラ。
http://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202004/1corona.html

全文を読めば、政府は我々国民のために、全力で取り組んでくれていることを感じることができる。もちろん充分では無いという意見も当然ある。
不十分なところは、我々国民が助け合おう。それが日本人らしい"和"の精神ではないか。国難を乗り越えるための国民意識を醸成でき得るポジティブ情報は報道せず、
ネガティブに受け取るであろう情報だけを切り取って報道する。まったくもって、どうして貶める。

このような状況の中、国民の経済活動に自粛を促す言葉で、「目を覚ませ!」とあるが、コロナを正しく恐れなさいという意味もあるが、
今こそ、このような切り取り報道に流されず、己で正しい情報を収集し、己でその情報を理解し、己の責任で行動せよ。という意味でも解釈すべき。

さあ、みんなで頑張ろう。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL