事務所ブログ

2021年1月 7日 木曜日

2021年!

あけましておめでとうございます。
新年早々ですが、私、残念な気持ちで一杯です。
行政は、もはや、お馬鹿なマスコミが創り出す世論とやらと戦っているだけで、コロナと戦ってはいないんじゃないかと思うぐらいの右往左往・・・。

夜間の飲食が自粛で、ランチは自粛なしって・・ウイルスは夜行性なのか?
 
外食を自粛で、テイクアウトはOKって、おかげでスーパーやファーストフード店はいつもより一層の行列で密なんですけど・・・

都会の飲食店は自粛で、いなかの飲食店は自粛なしって・・・、ウイルスは都会が好きなのか?

地域のお祭りや文化祭が自粛で、競輪、競馬、パチンコは自粛なしって・・・、

インターハイや甲子園が自粛で、オリンピックはOKって・・・、

満席の観客は自粛で、半分の観客はOKって・・・。

海外からの出入国を自粛するぞ!でも、ビジネス目的の出入国はOKって・・・。

あれも例外、これも例外...ウイルスに例外が通用するのか?

「自粛が必要」って何を目的とした自粛なの?2000人が500人になったら感染防止なの?そもそも感染防止目的のウイルス対策って「1」か「0」じゃないのか? 

「緊急事態」って何を根拠に緊急事態なの?何を根拠に国民の生命を脅かす問題?

ウイルス感染よりも遭遇する可能性の高いであろう交通事故は国民の生命を脅かしてはいないのか?たくさん新車が売れた月には緊急事態宣言を出すのか?

ただ批判しているつもりはなく、また、決して投げやりでもなく、リスクゼロの社会生活なんて無理でしょう。ってことです。

だったら、社会生活は、今までどおり全部「やろうよ!」って話です。

日本の病院は、7割が民間。3割が公的らしいですね。コロナの感染症分類が、エボラと同レベルである以上、このたった3割の公的医療機関が対応の中心にならざるを得ないだろうし、濃厚接触者であっても2週間も社会生活が制限される。無症状であるにも関わらずだ。本当に病で医療が必要な患者より、無症状な患者や濃厚接触者が優先されていいはずはないし、2週間も経済活動ができなければ、下手したら社会的に死ぬぞ。税金で給与をもらっている人種と民間企業の我々と時間の感覚を一緒にするんじゃない。

いろんな専門家の先生が研究発表されていて、なかでも高橋泰先生のグループによれば98%は無症状か風邪っぽい症状で終わるという、たいへん説得力のある分析もある。
医療崩壊って行政の間違った判断が医療崩壊させてるというのが本質だろと。すぐ人命軽視などと感情論で騒ぐマスコミの集中砲火から逃げているのか、最初に分類を決めた偉い人に忖度しているのか知らんけども、医療現場はじめ、いわゆる仕事の現場は24時間365日命がけだ。都合のいいように解釈した正義という権力を振りかざして、現場を混乱させるな。
「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだっ!」(と古い刑事ドラマにあった台詞をそのまま言いたい。。。)

この1年で世論を納得させるだけの分析可能なデータを厚生労働省は持っていると思う。この後に及んで「風邪と同じ」は言えないだろうが、おそらくはエボラのような殺人ウイルスではないだろう。
仕事をしろっ厚生労働省!国民の普通の日常ために、今こそ命がけで仕事をしてくれ公務員!

そもそも、新型だろうが何型だろうが自然界にごまんとあるウイルスの感染者を0人にすることは不可能。天然痘を撲滅した時代と現代は全くの異世界。現代を地球上で生きる我々は自然界のウイルスと共存していくしかない。100年後は、ひょっとしたら地球から宇宙へ引っ越すなんて時代になっているかもしれないけど。

仮に何らかの対策が必要とするならば、社会・文化・経済などへの影響を鑑み、普通の社会生活をしながら、どのレベルの感染者で経済合理性を求めていくかということに帰着するのではないか。でもこの経済合理性のある感染者数なんて考えることって、たまたま知能を持ってしまった人類の自己満足、エゴじゃない?とも思う。
毎日毎日マスコミが報道する感染者数って誰向けの何目的の報道なんだ?マスコミと比較して情報弱者の国民の不安をただただ煽り、失業者や自殺者が増えれば、「なぜ増えたのか?」って馬鹿なの?マスコミの報道の責任だろ。マスコミにこそ偏った報道を自粛するよう強く要請してほしい。

我々人類は、ウイルスと共存するしか選択肢がない以上、通常どおりの生活をすればよいのではないか?インフルエンザが流行する季節には、誰かから指示される訳ではなく、自分で考えて、いつもよりも手洗い・うがいに気をつけていたし、風邪気味かなと自覚すれば、自分で考えて、自分の体調に合わせてマスクをして仕事をすればよいし、自分の判断で、無理せず家で休めばよい、すべては己が自然に考えて行動していた。そう、自然の摂理に従って行動するのが地球という自然と地球上の生物(ウイルスも含む)との共存だと考える。

以上はすべて私見です。つぶやきです。誰かに向けた意見ではございません。ご気分を悪くされた方がお見えでしたら、心よりお詫び致します。申し訳ございませんでした。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2020年7月31日 金曜日

情報災害

私は、地元の学区で消防団のボランティアをしています。
日頃から防災については、学ぶ機会が多いです。

自然現象に起因する災害を「天災」と呼び、人為的な原因による災害を「人災」と呼びます。
では、新型コロナは、何災害なのか?
私は、メディアによる「情報災害」ではないかと感じています。

毎日毎日、繰り返される「感染者数」の報道に何の意味があるのだろう?
そもそも、この「感染者」とは、少なくとも東京都はPCR検査で陽性であれば感染者と呼んでいるらしい。
PCR検査の陽性者と実際の罹患者は違う。多くの感染症のドクターの先生や数学の先生がご自身のブログ等で説明されてみえますが、陽性者のうち実際の罹患者はほんの数%以下らしい。
以前のブログでも書いたがPCR検査は確定診断目的、つまり「的中率」にこそ意味がある。インフルエンザだって、高熱が出て症状が出てはじめて検査→陽性→治療という流れになる。
特に症状の出ていない人への検査は無意味だし、医療崩壊へつながりはしないだろうか。

また、そもそも、ウイルスの毒性と感染の拡がりって反比例ですよね。毒性が強ければ強いほど、感染した人間はすぐに発症して死に至るため、ウイルスは拡がらない。
どんどん拡がっていくウイルスはそれだけ毒性が弱いと考えていいのではないか。
もし、この論理が正しいのであれば、我々が本当に必要な情報は、何人が感染したかではなく、重症化したケースの事例とその分析だ。
感染予防ではなく、重症化予防のための情報こそが必要なのだと思う。

人間は、災害に直面したときの心理として、不安喚起モデルというものがあります。確かに東日本大震災の復旧支援に東北に出向いた際に少し勉強したことを思い出しました。
1.自ら情報を入手し、自らに危害が及ぶのか、危害を避けるためにはどうすればよいかを自ら考える。
2.信頼できる他者に依存する。
3.考えることを停止する。(思考停止)
当然だが、災害に直面した場面では、1の行動をとることが望ましいが、人間は楽な方へ進みたがるため、行政に責任を求めたり2や3へ向かってしまう傾向となるらしい。
防災教育を通じて、普段から天災が起きたときにどうすればよいかを学ぶ機会があることと同様に、「情報(メディア)リテラシー」を普段から意識することが情報災害から自らを守る術なのだと強く思う。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2020年5月 1日 金曜日

独占するではなく分かち合う気持が大切!

最前線で戦う医療従事者の方々、本当にありがとうございます。私たちも医療崩壊させないために、できることを徹底し、社会機能の維持のために貢献していきます。

先日、仕事の関係で他の士業の方とお話をする機会がありました。そのときに、「税理士さんは、コロナなんて関係ないですよね。融資の相談とか多いんじゃないですか?コロナバブルですね。」と言われました。
その方とは、先輩後輩の間柄で、ずっと親しくさせていただいていたので、この発言にはかなり驚くと同時に上から目線の発想だなぁととても残念に感じました。私が、コロナに関係する契約外の相談に対応したら報酬を請求していると勘違いしたのでしょうか。甚だ失礼な話です。
私たち税理士は、経営者を下から支える仕事です。経営が苦しくなれば、税理士の顧問料なんて真っ先に切られます。それでも余程のことが無い限り、こちらからは解約せずに無報酬でも何とか乗り越えていただくため、経営者に寄り添うのが税理士なんです。
確かに、コロナの特別融資の相談や持続化給付金、士業としては管轄違いの雇用調整助成金などなど通常の顧問契約外の相談がめちゃくちゃ多いですし、申請書類の書き方が分からないクライアントには手取り足取り記載を手伝ったり、高齢な経営者の方には隣に座って一緒にパソコンで作業します。忙しい日々です。全て無報酬です。コロナ危機の経済の最前線で戦う中小企業の経営者を後方支援するのが税理士の使命です。コロナに便乗して儲けるような志は持ち合わせていません。
 こういった危機のときには内にある人間性が出ます。もし、持続化給付金などの申請を手伝うことで報酬を請求するような税理士がいたら、そんな輩は即刻解約でよいと思います。何も分かっていないです。不安を煽るTVやネットを見て知らず知らずのうちに洗脳されて、自分が生き残るために独占するみたいな気持にミスリードされてしまっている、自分では気がつかないうちに。
自分が生き残るためには独占するではなく分かち合う気持が大切だと思う。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2020年4月 9日 木曜日

感度と特異度と的中率

数学の先生のYouTubeでの解説を見て知ったのですが、感度と特異度と的中率というものを初めて知りました。
税理士は数字のプロなんて言われますが、統計学的な見識はあまり無いので、とても勉強になりました。

例えば、ある感染症に罹患しているかどうかを調べる検査があります。
でも、100%的中する検査は世の中にはありません。
「感染者数」・「偽陽性」・「偽陰性」の関係を理解することで、
検査の目的は、病気を防ぐことではなく、「的中率」にあることに根拠をもって気がつきます。

とはいえ、健康診断で異常ないって言われると「安心」するんだよね。。。

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL

2020年4月 6日 月曜日

みんなで頑張る!

Ask not what your country can do for you; ask what you can do for your country.


 


 


 

投稿者 税理士法人久屋南税務会計事務所 | 記事URL